中西利雄金沢市議会議員ホームページ トップページへ 中西利雄金沢市議会議員 活動報告

最終更新日:2005.03.15
  聴覚に障害のある方に対する支援拡充を
 

   3月当初議会の一般質問で、聴覚に障害のある方に対する支援の拡充を求め、質問を行いました。当日は鴻野一緒金沢市聴力障害者福祉協会会長をはじめ、20人を超える方々が傍聴に訪れ、傍聴席では、金沢市議会として初めて手話通訳が行われました。
   今回の質問では、先の新潟県中越地震において、聴覚に障害のある方々への情報伝達方法、コミュニケーションの確保が不十分であるなど多くの問題が浮き彫りとなったことから、災害時における情報伝達方法などについて質問しました。災害時における情報伝達については、これまでの緊急時ファックス網に加え、新年度からは携帯電話やパソコンの電子メールを利用した「金沢ぼうさいドットコム」の導入や松ヶ枝福祉館などの市有施設での緊急避難用赤色回転灯の設置を、また、CS放送「目で聴くテレビ」の受信機でもあるアイ・ドラゴン2の普及の足かせとなっている「アイ・ドラゴン1の給付を受けていない者」など幾つかの給付制限についても、防災面等を考慮して、よくよく研究していきたいといった前向きの答弁を得ることができました。

3月当初議会にて
傍聴席では、金沢市議会として初めて手話通訳が行われました

   さらに、庁内における手話通訳の熟練者の確保、育成やパソコン要約筆記者の指導者養成についても、更なる支援の拡充に努めると答弁されました。
   今後とも、障害のある方の言葉に耳を傾け、ユニバーサル社会の実現に向け、アイ・ドラゴン2の給付制限撤廃など、努力を続けていきたいと思います。

 

ページの先頭へ

活動報告一覧TOPページに戻る

Copyright © 2004- t-nakanishi.jp All Rights Reserved.